デジタルトランスフォーメーション

製造業者はビジネス環境の中で日々厳しくなる競争に直面してきています。製造業を突き動かす背景には、生産性の向上、より効率化されたサプライチェーンの運用、より良い品質の製品や顧客満足の提供、事業の持続性や収益性の改善などが挙げられます。昨今の厳しい時勢の中で製造業界の成功を促進するデジタルトランスフォーメーション (DX) は、主要な先進的取組として注目されてきました。膨大な数の先端技術の選択肢と代替案がある中、製造業者は目標達成に向けて、どのようにしてこれらの技術を効果的に優先順位をつけ、選択し、採用しているのでしょうか?

研究、教育、評価

革新的 & 協調的

製品化 & 統合

QADは、仮想ラボ環境でお客様と協力して、絶えず革新し、優先順位を付け、高度な機能を製品に組み込んでいます。 プラットフォームベースのテクノロジーインターフェイスは、コアERPを超えて、顧客の拡張機能と新しいアプリケーションにメリットを拡大します。 したがって、QADのお客様は、段階的なテクノロジーを採用し、ダイナミックなテクノロジーの変化に適応することができるのです。

 

先進技術

製造業の未来はここにある

QADは、さまざまなテクノロジーの進歩を追跡し、製造業の事例への潜在的なプラスの影響に基づいて先進技術を選択します。

QADは、仮想ラボ環境でお客様と協力して、絶えず革新し、優先順位を付け、高度な機能を製品に組み込んでいます。 プラットフォームベースのテクノロジーインターフェイスは、コアERPを超えて、顧客の拡張機能と新しいアプリケーションにメリットを拡大します。 したがって、QADのお客様は、段階的なテクノロジーを採用し、ダイナミックなテクノロジーの変化に適応することができるのです。

デジタルトランスフォーメーションの障壁を打ち破る

ほぼすべての企業がデジタルトランスフォーメーションの計画を立てているが、その価値に気づいている企業はほとんどないでしょう。もし製造メーカーが、これまで考えられなかったような障壁を回避する近道を見つけたとしたらどうでしょうか?

統合、簡素化された、リアルタイムのペーパーレス生産

包括的な運用データの取り込みにより、コラボレーションを改善し、顧客の要件を迅速に満たすために必要な生産の洞察力を得ることができます。

 

競争が変化を促す、 技術はそれを促進する

 

 

DS Smith は、情報に基づいた意思決定の推進、プロセスの最適化、自動化の改善に役立つ高品質のデータを使用することで活力を得ています。QAD Enterprise Platformでは、専用の高度な技術が組み込まれており、非侵襲的な採用を実現しています。QADの製造拠点全体に技術を導入することで、個々のお客様のリスクとコストを削減します。QAD Adaptive ERPに追加された先進技術は、QAD Enterprise Platformを介してすべてのアプリケーションで利用することができます。以下は、QADが先進技術を採用している他の方法です。

  • QADラボのシナリオ
  • ビジネスモデルの変化
  • データレイクの統合
  • 作業現場 / IoT

ERPとインダストリー4.0への道すじ

急速な変化と現代のビジネスの課題には、アジャイルテ・クノロジーがもたらす前例のない柔軟性が必要です。

先端技術が製造業の転換をもたらす

インダストリー4.0は、プロセスの最適化と生産性の向上により、企業が新たなパフォーマンスレベルに到達することで、スマート・マニュファクチャリングに競争力をもたらしています。

お気軽にご相談ください

QAD Adaptive Applicationsについてお問い合わせください。