MFG/PRO

QAD MFG/PRO (1984-2007)


1984年、APICSの提唱するサプライチェーンマネジメント手法を取り入れた製造業向けのソフトウェアアプリケーションとしてデザインされその後QADのフラッグシップERPとして世界中で販売されたモデルが産声を上げました。2007年には後継モデルとしてQAD Enterprise ApplicationsとQAD Cloud ERPが市場に送り出されました。2015年にはAdaptive User Experience(チャネルアイランドUX)としてさらなる機能強化に成功しました。2017年にはQAD Enterprise Platformがリリースされ、製造オペレーションをさらに直感的かつ効率的に管理することを可能にしました。

QAD Cloud ERPは2019年にQAD Adaptive ERPとして生まれ変わり、さらにお客様のニーズを的確に反映しやQADが提供する付加価値をさらに高めることにつながっています。MFG/PROを礎に、QAD Adaptive ERPやQAD Adaptive Applicationsのソリューション群はグローバル製造業の財務/会計・顧客・サプライチェーン・分析・テクノロジーやビジネスパフォーマンスまで全ての管理を効率化し主要な産業のお客様へ提供しています。

分析

ワンスポットインサイトの為のリアルタイム分析

顧客管理

顧客満足度を高める効率化されたソリューション

サプライチェーン

グローバルサプライチェーンのビジビリティ

財務・会計

国際財務・会計ソリューション

インテグレーション

システム統合の為のフレキシブルなソリューション

生産

ビジネスの成長/進化に適応する製造業向けERP

QADのサービスチームはあなたを助けるためにいます

もし、最新のQAD Adaptive ERPやQAD Addaptive Applicationsの導入を進めようとお考えであればQADのサービスチームが準備から導入完了までサポートします。

QADの最新バージョンに移行することによって更なるビジネス上のメリットが得られることを経営サイドにも理解してもらえました。

Scott Nigh, Chief Information Officer, Tower International

Scott Nigh, Chief Information Officer, Tower International

QADのエキスパートが相談に乗ります

QAD Adaptive Applicationsについてお問い合わせください。