Adaptive UX

脆弱なユーザーエクスペリエンスを持つアプリケーションをお使いの場合、新しいユーザー登録やユーザーの役割変更のサポートは非常に面倒です。ERPやサプライチェーン管理などの重要な情報ソリューションを効果的に機能させるには、ユーザーエクスペリエンスを各ユーザーの好みの作業スタイルとデバイスに適応させ、すべてのビジネスプロセスを連携させる必要があります。現在のユーザーは直感的なユーザーエクスペリエンス(UX)を求めており、QAD Adaptive UXはそれを実現します。

直感的で学びやすい

アダプト
パーソナライズロール

分析機能を標準搭載

QAD Adaptive UXは、ユーザーのパーソナライズ可能な分析機能を標準搭載し、柔軟で役職別の最新のユーザーエクスペリエンスを提供します。 生産性の向上と意思決定のための直観的で連携的なユーザーエクスペリエンスを提供します。

QAD Adaptive ERPへのアクセスはいつでも、どこでも、どんなデバイスでも。

 

次世代のユーザーエクスペリエンス

Adaptive UXは、業界最高レベルの分析機能を採用し、変更やアップデートが自分好みのレイアウトで表示出来るようにすることで最新のインターフェースの一歩先をいきます。アクティビティとユーザーの好みや、役職、使用するデバイスに合わせて、一貫性のあるインターフェースを提供します。Adaptive UXはこれらの機能を提供:

  • 生産性の向上
  • リアルタイムのインサイト
  • これまで以上に使いやすく
  • 組織をまたがる連携も容易に
  • 変化するビジネス状況への迅速な対応
  • ビジネスの合理化
  • 迅速なオンボーディング
  • 短期間で習得可能 / 習熟期間の短縮 

ユーザーにフォーカス

QADが見据えるERPの未来とは

 
最新のユーザーエクスペリエンス(UX)を全ユーザーで共有し、
より効果的な連携が可能となりました。

Dan Waugh, GM Information Communications Technology (ICT), Comvita

 

原材料から家庭まで... QAD UXと共に未来へ

事業成長や拡大をサポートするために世界各地に展開していたQAD ERPソリューションをクラウド移行したComvita社の取り組みについてご覧ください。

続きを読む

QADのエキスパートが相談に乗ります

QAD Adaptive Applicationsについてお問い合わせください。